未分類

試合開始早々に相手との接触プレーで右手甲を骨折、試合後無念の涙を流すCTB増田慶介(左)と、彼を慰める林雅人監督。林監督の話を訊いていると、如何に指揮官が増田に全幅の信頼を置いていたかが分かる【安藤貴文】

関連記事

  1. 《ミスター慶應2018》Entry No.2 打田建二郎さん(経…
  2. ミスター&ミス慶應コンテスト グランプリが決まる
  3. [寄稿]慶應塾生新聞50周年に寄せて 船橋三田会会長 井上愼一さ…
  4. 映画館で「生のエンタメ」を イオンシネマが追求する新しい映画体験…
  5. 《ミスター慶應2018》Entry No.3 伊藤総哉さん(理2…
  6. キャッシュレス決済と日本
  7. 9月入学の是非を問う
PAGE TOP