2018年11月号 紙推しキャンペーン

2018年11月号(548号)のテーマは、「紙推し」!

WEBメディアが台頭する今だからこそ、紙にしかできないことを追求した構成となっています。

ぜひWEBではなく「紙」で、上質な紙面体験を過ごしてみてはいかがでしょうか。入手方法は、こちら

見どころ① AR&謎解き!?

本号は、紙面がなければ体験できないコンテンツを盛り込んでいます。

◎スマホをかざしてミスターの声を聞こう!【AR紙面】(5面)

塾生新聞11月号の紙面にスマホでかざすと、動画が流れます!

最新技術・ARを駆使した、未知の体験をお届けします!

ARのやり方は、この動画をご覧ください。

◎塾生新聞×K-dush2 新聞に秘めた謎を解け! こちら三田探偵事務所 入所試験(5面)

塾内最大のメディアサークル・塾生新聞と、謎解きイベントサークル・K-dush2の異色のコラボが実現!塾生新聞を使って、謎解きゲームが楽しめます。

用意するものは、塾生新聞11月号紙面とスマートフォン、筆記用具(任意)だけ!抽選でAmazonギフト券などが当たります。

詳細は、こちら

見どころ② 豪華特集5点盛り!

今年度は毎月一つ以上、特集記事を組んでいました。紙面の一覧性を最大限に生かすためです。

本号では、「防災」「ミスター慶應」「塾生新聞50周年企画」「東京」「ダンス」の五つのテーマについて、紙面1頁分を使って取り上げました。

◎災害と向き合う やがて来る明日に備えて(4面)

西日本豪雨や北海道胆振東部地震など、今年相次いだ災害。私たちは何を備えるべきでしょうか。

◎ミスター慶應2018 グランプリに選ばれるのは(5面)

一番の慶應ボーイを決めるこのコンテストは、今年で13回目を迎えます。6人のファイナリストの熱い思いを聞いてみましょう。

◎塾生新聞創刊50周年 振り返る塾生新聞50年、記者が見つめた慶應(6・7面)

来年50周年を迎える塾生新聞。これまで発行されてきた紙面や歴代記者の声を交えながら、慶應の歩みを振り返ります。見開き2頁を大胆に使った紙面。永久保存版です。

◎東京いろは(9面)

東京には個性あふれる街が点在しています。塾生新聞では、渋谷・秋葉原・原宿・浅草・お台場・東京タワーに注目。さらに泉麻人さんが東京の遊び方を伝授。

◎ダンスで伝える ~言葉ではなく、ダンスだから伝えられるもの~(11面)

三田祭では数多くのダンスサークルがステージで踊ります。ダンスだからこそ伝えられることとは。

見どころ③ 盛りだくさんの内容、豪華12面!

◎特別インタビューが読める!

・ 池上彰さんが語るメディア50年史(6面)

塾生新聞は来年、創刊50周年を迎えます。50年近くジャーナリストとして活動している池上彰さんは、「伝える立場」からどのようにメディアを見てきたのでしょうか。

・塾生特別インタビュートラウデン直美さん(10面)塾生

雑誌「CanCam」の専属モデルを務め、テレビ番組にも数多く出演している、トラウデン直美さん(政1)。塾生とタレント。二つの顔を持つ彼女の素顔とは?

・塾員インタビュー 松本隆さん(12面)

80年代、松田聖子、薬師丸ひろ子、斉藤由貴、中山美穂など、数多くのアイドル歌謡曲の詞を手掛けた、作詞家・松本隆さん。慶應での学生生活から、はっぴいえんど、現在の活動に至るまで、様々な切り口から取材しました。

◎慶應・世の中の「今」、塾生視点のオピニオンが読める!

「働き方改革」「パワハラ」「医学部入試得点調整問題」という硬派なものから、今話題のSNS「TikTok」まで。様々な話題を塾生視点で取り上げています。

◎スポーツの試合展開、結果をお伝えします!

惜しくも優勝を逃した東京六大学野球を詳しく振り返ります。そのほか、サッカー・バスケ・ラグビーなどについて取り上げます。

いかがでしたでしょうか。塾生新聞11月号は、このように盛りだくさんの内容となっています。ぜひ上質な紙面体験を過ごしてみてはいかがでしょうか。オンラインでご購入の方、今なら、「特集:東京いろは」のイラストをプリントした絵はがきをプレゼント。オンラインでの購入はこちら