【三田祭速報】似顔絵にいい笑顔 

来場者の似顔絵を丁寧に描く
来場者の似顔絵を丁寧に描く
 西校舎に入るとすぐ右手に、有名人の似顔絵が並ぶ。来年50周年を迎える漫画クラブによる似顔絵描きである。
 漫画クラブでは部室で個人が絵や漫画を描くことが活動のメインだ。また夏と冬の年2回、有志が描いた漫画を部誌として発行している。
 企画では7人ほどの部員が交代で、訪れた方の似顔絵を描いている。10年以上の伝統を誇るこの企画は毎年多くの方が訪れ、部員の画力に満足して帰って行くという。過去には、世界各地を放浪して、似顔絵を描いてもらっているという外国人の方も来場した。
 三田祭の前は部員同士で練習会を開き、互いの画力を高め合う。三田祭にはOBも手伝いに来ていて、描くことへの情熱がうかがえる。
 似顔絵を描くときのコツは、男性はかっこよく、女性はかわいく描くことだそうだ。また凹凸やしわ、ほくろといった特徴がある方が描きやすいとのこと。
 部員によって画風はかなり異なるので、一度行った方ももう一度足を運ぶ価値があるだろう。
(小原鈴夏)



『似顔絵描き@西校舎1階ロビー』


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは