野球部、連覇ならず

東京六大学野球秋季リーグ戦の優勝決定戦が今月3日、神宮球場で行われ、慶大は早大に10―5で敗戦。春季リーグ戦優勝と併せての春秋連覇は達成されなかった。
 優勝決定戦が行われることになったのは、早慶戦で慶大が早大に2連勝し、勝ち点4で早大と並んだため。優勝決定戦では、早大エース斎藤の好投の前に、慶大打線は7回まで無安打と沈黙。8回裏に5得点を奪い猛追するも、投手陣の崩れによる大量失点を覆すことはできなかった。
=関連記事 優勝決定戦で敗れる 連覇にあと一歩及ばず

【総評】投打の軸が成熟する来季こそ春秋連覇を


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは