《2019年度主将インタビュー》蹴球部 栗原由太選手

大学日本一を目指していたものの、ベスト8に終わった昨年度の蹴球部。部は新体制となり、新たに栗原由太選手(環4)が主将を務める。栗原選手に今年の目標などについて話を聞いた。

チームの目標は「日本一」。これは昨年度と変わらず、部員一同目指す覚悟を決めている。

今年のチームの特徴は、雰囲気が良く先輩後輩間での関わりが密接であることだ。練習の取り組み方にも変化が見られたようで、「みんなの顔をグラウンドで見ていると、生き生きとしているのが伝わってくる。ラグビーをしながら思考を続け、必死に吸収しようとしているため、徐々にプレーのレベルが上がってきていると感じる」と語る。またチームの雰囲気の良さが、例年のこの時期に比べて結束力が高いことにもつながっているそうだ。

栗原選手は、主将を務めるにあたって意識的に変えたことは特にないとする一方、コミュニケーションを大切にしようという想いは強いという。「後輩たちが変にプレッシャーを感じるような空気を作りたくない。みんながプレーしやすく、意見を出しやすくなるような空気づくりのために、ラグビーの話に限らずくだらない会話もするなど、後輩への接し方にはいつも気を配っている」

蹴球部にはTC(Team Connect)という制度がある。これは学年を混ぜてチームをつくり、定期的にご飯に行く機会を作るというものだ。数年前から始まったというこの制度を今年も継続させ、部員同士の交流を増やしていきたいという。

栗原選手の個人的な目標は「日本一のセンターになること」。他大学にも優秀な選手が多くいるため、現状に満足することなく「一番になりたい」という気持ちを持ち続けたいという。チームとしても個人としても日本一を目指し、日々練習に取り組んでいる。

今後目指すチーム像について、チーム愛にあふれるチームを作りたいとした。試合に出場する15人の選手はもちろん、出場機会のない選手、スタッフや監督、コーチ陣含めた全部員の結束力が、日本一への鍵を握る。

蹴球部と栗原選手の活躍に、今後も注目していきたい。

(髙根奈々)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは