受験生向けアプリを公開 情報提供やキャンパス案内が目的

慶大に入学を希望する受験生に向けたアプリケーション「慶應義塾大学 受験生向けアプリ」が昨年11月に公開された。今月7日の時点で、2400程度のダウンロード数を記録している。

コンセプトは、慶應に関する情報提供とキャンパスツアーだ。受験生が参加できるイベントや、義塾に関する豆知識、入試情報などの情報を配信する。また、各キャンパスの地図上に、建物などの情報を表示し、個人的なキャンパス見学の手助けとなる。現在、三田、日吉、SFCの三つのキャンパスが対応している。

矢上、信濃町、芝共立、を含む各キャンパスへの道案内機能もある。東京に慣れない地方からの受験生への配慮だ。

アプリの製作にあたっては、使いやすさと必要な情報、楽しい情報の提供を意識した。開発は、高校生や若手の職員の意見などが参考にされ、受験生や高校生が慶應をより身近に感じてもらえるようなアプリを目指している。

今後は、スタンプラリーなどの機能も追加されていく予定。ダウンロードは誰でも可能で、義塾はダウンロード数のさらなる増加を目指している。


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは