《MITASAI REPORT-2018》UNICORNS Songleaders 息のあった43名のチアガール

MITASAI REPORT-2018

三田祭のオープニングを飾ったUNICORNS Cheerleaders。しかし、UNICORNSにはもう一つサークルがあるのをご存知だろうか。人を飛ばしたり、回したり、アクロバティックな技を中心に演じるCheerleadersのほかにバレーダンスを基本としたSongleadersがある。

UNICORNS Songleadersは、24期となる新入部員11名を迎え、43名で活動する競技チアダンスチームだ。POM、FUNK、JAZZ等の多岐に渡ったダンスを行い、その中でもポンと呼ばれる手具を持ちながら踊ることが多い。毎年SFCの七夕祭や三田祭などの学園祭に出演するほか、全国大会に出場し入賞することを目標に活動している。昨年度の全日本学生チアダンス選手権では2位を獲得し、来月に控えている全国大会の予選も既に突破しており、優勝目前といったところだろう。

彼女たちのモットーは「慶應らしさ。」息のあったしなやか且つ力強いダンスはエレガントであり観客の心を魅了する。

最後に主将である宮崎玲奈さん(環3)に三田祭への意気込みを伺った。「私たちは大会をメインに練習しているので、学内で披露する機会が少ないです。なので日頃の感謝の気持ちを三田祭で伝えたいと思います。また、今回は振りを学年ごとに自分たちで考えたのでそこも注目していただきたいです」。

UNICORNSのダンスは、三田祭最終日25日(日)の13:15から中庭メインステージにて、さらに17:15から後夜祭で観ることができる。
彼女たちの笑顔溢れる素敵なステージに足を運んでみてはいかがだろうか。

(菊池真由子)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは