《MITASAI REPORT-2018》THE GREATEST SHOW TIME 豪華七団体出演パフォーマンスメドレー

MITASAI REPORT-2018

11月23日三田祭2日目、西校舎ホールにてfreestyle ballers「SHAMGOD」、アイドルユニット「さよならモラトリアム」、ジャグリングサークル「I-WING」、津軽三味線集団「弦音巴」、フラサークル「Pilialoha」、マイケルジャクソンの愛好会 「Micheal Jackson club」、アカペラサークル「WALKMEN」の豪華全七団体によるパフォーマンスメドレーが行われた。

トップバッターを飾ったのは「SHAMGOD」。お馴染みの赤いユニフォームをまとい、湘南乃風の「睡蓮花」に合わせてバスケットボールを巧みに操り迫力のあるダンスを披露した。手拍子、掛け声もあり会場内のボルテージが高まった。続いての団体は「さよならモラトリアム」。ステージ内のダンスに始まり、メンバーが観客席に登場し盛り上がりは最高潮となる。ステージでのペンライトを使ったダンスでフィナーレを迎えた。変化のあるダンスで会場を沸かせた。

3団体目は「I-Wing」。暗闇の中光るディアボロ、ポイ、ボールの三種類のジャグリングを披露しとても幻想的であった。4団体目は「弦音巴」。一糸乱れぬ演奏はまさに圧巻。会場全体に「和」を感じさせる、落ち着いた演奏だった。5団体目は「Pilialoha」。表現者たちの笑顔、歌、ウクレレ、ダンスのハーモニーが相まった素敵な発表であった。6団体目は「Micheal Jackson club」。スポットライトを利用した影、華麗な足さばきはマイケルジャクソン本人顔負けであった。最後の団体は「WALKMEN」。ボイスパーカッションとアカペラのパートに分かれておりノリノリで歌っていた。大人数合唱ならではの迫力で会場内も盛り上がった。

盛りだくさんの充実した30分間であっという間に時間が過ぎ去っていた。来年も楽しみである。

(三宅樹・常石萌恵)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは