《ミスター慶應2018》Entry No.4 清水啓太郎さん(経3)

ミスター慶應2018

―ミスターコン出場のきっかけは何ですか。

高校時代に留学したので、今22歳で大学3年なんです。人より学生生活が長いので、勉強とはまた別に何かできたらいいなと思い応募しました。

―なぜ留学しようと決めたのですか。

親に勧められたからです。積極的でなかった自分を変えたいという思いもありました。アメリカの高校だと、大学のように好きな授業を取れるので、経済学を取っていました。父が会社を経営しているからか、幼いころからトイレに東洋経済が置いてあって、漠然と経済学を学ぼうかなとはずっと思っていましたね。

―趣味は何ですか。

映画鑑賞です。月に2、3回は映画館に行きますし、Netflixもよく利用します。洋画でしたら幅広く観ますね。今年だと『スリー・ビルボード』や『死霊館のシスター』が面白かったです。ホラーも結構好きですね。

―理想の男性像について教えてください。

父ですね。いろいろなことに興味を持って勉強し続けている父を尊敬しています。父の影響を受けているなと思うことはよくありますね。父の言うことは1‌0‌0%信じちゃうみたいな(笑)。

―どんな女性に魅力を感じますか。

気遣いができる人がいいですね。さりげなくできているといいなと思います。

―読者にメッセージをお願いします。

最近ミスターコンに興味のある人が減っているように思います。今興味のない方にも是非読んでいただいて、実際にステージを見に来ていただけたら嬉しいです。

(常石萌恵)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは