《塾生注目》ソッカー部女子 山本華乃選手

塾生注目

女子ソッカー部・山本華乃選手(提供)

近年のなでしこジャパンの活躍により、女子サッカーの人気が高まっている。日本では女子スポーツの認知度はまだまだ低い。そんな中、慶大女子ソッカー部には将来の女子サッカー界を担う期待の選手がいる。

山本華乃選手(理2)は1年生からFWとして試合に出場している。慶大の得点を左右する重要なポジションだ。

山本選手がサッカーを始めたのは小学1年生のころだ。幼なじみに誘われたのがきっかけで、サッカーのとりことなった。

女子サッカーでは、選手のボールを蹴る力がそこまで強くはない。ロングパスが生まれない分、小技や頭を使って細くパスをつないで展開していくのが魅力だ。慶大でも昨年から「つなぐ」をスローガンに、パスで得点することを目標としてきた。その結果、1部リーグ昇格を果たした。

また慶大では、2年生の多くが昨年から試合に出続けていることもあり、お互いに意識し合う関係だ。1部では厳しい戦いが続き、チームの勝利に対する思いは一層強くなった。「1年生のうちは先輩に引っ張ってもらっていた。今年からは2年生全員で上級生を含めたチーム全体を活発化させたい」と、チームの主軸としての責任感を感じている。

今季から大学女子サッカーの試合はオンライン配信されることになった。「女子サッカーの試合を見てもらえる機会が増えてうれしい」と山本さんは話す。自身の将来について、何らかの形で女子サッカーの人気向上に一役買うのが夢だと目を輝かせた。

(椎名達郎)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは