2018年三田祭前夜祭アーティスト UVERworld インタビュー

2018年の三田祭前夜祭アーティスト、UVERworldのインタビューです。

Q 前夜祭に出演する今の気持ちはいかがでしょうか。

学園祭はとても久しぶりなので、楽しみですね。

 

Q 慶應生に対して持っている印象をお教えください。

んー特に慶應生に対して、というものは正直ないのですが。大学生という括りで答えさせてもらえれば、可能性に満ちた存在であると思います。

 

Q  音楽活動の中でライブはどんな場でしょうか。

「ご褒美」この一言に尽きます。

 

Q  UVERworldの音楽のモットーは何でしょうか。

モットー……難しいですね。モットーというのかわからないですが、音楽は楽しめないと意味がないと思っています。作っている、届ける側の自分たちがまず、楽しんで、良いと思えるものでない限り、受け止めてくれる、聴いてくれる人には届かないんだと思っています。

 

Q 最近フェス出演が増えているのはなぜでしょうか。

フェスへの出演は、自分たちの音楽に、ライブパフォーマンスにようやく自信がついたということと、オファーのタイミングがうまく重なり、増えているのだと思います。実際に出演してみて、毎回 楽しいという気持ちと今後のやるべき課題が見つかるという素晴らしい場になっています。

 

Q 歌詞はどのように思いつくのでしょうか。(人に聴かせられないようなダサい曲を作るのが趣味、とはどういうことでしょうか)また、歌詞はどこで書くことが多いのでしょうか。

歌詞は……よし、書くぞ、という風に言葉を集め始めるのではなく、日々 生きている中で感じたことなどをメモして、書き溜めていて。曲を創り、その曲が呼ぶ言葉たちを集約していくという感じです。

 

Q 自分たちの曲の中で一番好きな曲は何でしょうか。あるいはベストアルバムの中で一番好きな曲を教えてください。

全部! ベストアルバムに入らなかった曲もとても好きな曲ばかりで、発売後 すぐにまたベストアルバムを出したいと思うくらいに全ての曲が自分たち自身でも好きです。まぁ全部好きだから何枚ベストアルバムを出しても、出し足りなくなるだけなんですけど。

 

Q 休みの日は何をしていますでしょうか。

人と会ってますね。様々な職種の友人たちを会うことによって、吸収できるものが多く、人と会うのは好きです。

 

Q 歌に対して類まれなるストイックな姿勢の源は何でしょうか。

言葉にすると、文字にすると綺麗事のようですが、「UVERworld」のためならなんでもできます。

 

Q 最後に、塾生(慶大生)に一言お願いいたします。

当日は思いっきり楽しみましょう。ライブが終わってからも明日に繋がっていくような「何か」を心に強く抱けるようなそんな音楽をお届けします。可能性に満ちた皆さんが、明日を楽しみに生きられるようなそんな「何か」是非、UVERworldの音楽から見つけてください。


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは