《夏の博物館・美術館特集》かなの美展「やまとうたの風趣」(大田区立熊谷恒子記念館)

夏の博物館・美術館特集

熊谷恒子と古典

恒子は平安時代の古筆の臨書を繰り返し行ったことにより、その気品あふれる文字を会得したといわれる。館内に展示されている著書『書道 かな―基礎から創作まで―』の中の言葉にも、「いろはから基礎をしっかりと身につけ、古典を十分に知った上で既存のものを打破して違ったものを考え出す、あるいは新しいものを創り出すと言うことが創作の一般」とある。恒子は古典に向き合い、その筆づかいを学んだからこそ、彼女自身の書風を作り上げることができたのだろう。

平安古筆さながらの筆遣いを間近で鑑賞できる(「ものゝふの」柿本人麻呂、万葉集)
凡河内躬恒の長歌をしたためた迫力のある作品(「ちはやふる」凡河内躬恒、古今和歌集)

PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは