《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》ウエハースの椅子 江國香織

日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ

人は誰でも幸せになりたいと思う。しかしその幸せとは一体どこにあるのだろうか。

江國香織『ウエハースの椅子』の主人公の女性は、「恋人」と呼ばれる男性と深く愛し合っている。しかし、「それはほとんどゆるやかな自殺のようだ」と主人公は語る。「私は彼を愛している。彼はそれを知っている。私たちはそれ以上なにも望むことがない」。2人で愛し合っている瞬間、「あなたといると、何の過不足もない」と恋人にささやく主人公。しかし、何の過不足もない現在に、何かがすっぽりと抜け落ちているような感覚を覚えているのだ。

「恋人」にはすでに妻と子供がいる。その恋愛がいわゆる「不倫」であり、背徳感を覚えていることが、彼女の寂しさの原因なのだろうか。

彼女のもとには、しばしば「絶望」がやってくる。突然「やあ」と言ってやってくる。「そろそろいくよ」「じゃあまた。よくおやすみ」と言って帰っていく。まるで恋人と同じような穏やかさで。彼女は、恋人が「絶望」と同じだと気づく。もう恋人と別れたほうが良いのではないかと……。

主人公は、よみがえってくる幼い頃の記憶と向き合う。「ちびちびちゃん」と呼ばれていて、今は時々訪ねてくる妹のこと。もういない父と母の存在。子供の頃好きだったもの。

彼女は幼い頃、薄くてクリームの挟んだ「ウエハース」が好きだった。

「ウエハースの椅子は、私にとって幸福のイメージそのものだ。目の前にあるのに――そして、椅子のくせに――、決して腰をおろせない」

(下村文乃)

*  *  *  *  *

日吉図書館・1F特設コーナーにて、「ウエハースの椅子」を展示中! 貸し出しもできます。


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは