《特集》早慶戦特集2018 強い早慶をもう一度

早慶戦特集2018

東京六大学野球春季リーグは来月2、3日、最終カードの早慶戦を迎える。1‌1‌5年にわたって火花を散らしてきた両校。ある時は『若き血』を歌い、またある時は『紺碧の空』を聞きながら神宮球場を後にした。それぞれの選手、観客に特別な思いを残す伝統の一戦だ。

昨年、春季リーグでは優勝まであと1勝と詰め寄りながら、早大打線に優勝をはばまれた。そして奇しくも春と全く同じ優勝条件で臨んだ秋の早慶戦。苦い残像をはねのけ、後半戦6連勝で7季ぶりにリーグ優勝を果たした。

「早稲田に勝つ、リーグ優勝、日本一」。大久保監督をはじめ、選手たちはチーム目標についてこう口を揃える。今季、慶大は優勝が確定した状況で早慶戦に臨む。しかし選手にとって、この檜舞台に立つことは「1年に2度」ではなく「一生もの」の経験だ。選手だけではない。選手の家族、監督、スタッフ、応援団、チアリーダー、野球部OB。誰よりも強い思い入れを持って早慶戦を「戦う」人々に迫った。


覇者早稲田の復活か 王者慶應の防衛か

《早慶戦特集2018》選抜制した大阪桐蔭バッテリー 慶大・福井章吾選手

《早慶戦特集2018》選抜制した大阪桐蔭バッテリー 早大・徳山壮磨選手

皆で慶大を応援しよう!

《早慶戦特集2018》応援パワー、選手に届け 應援指導部チアリーディング部・酒井里菜さん

早慶野球部OBが振り返る「早慶戦と私」

《早慶戦特集2018》早稲田はジャイアンツのような存在 阪神タイガース・伊藤隼太選手

《早慶戦特集2018》「エンジョイ」する野球、慶應に教わった 横浜DeNAベイスターズ・田中浩康選手


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは