《2018年度主将インタビュー》野球部 河合大樹選手

2018年度主将インタビュー

今年度の野球部のスローガンは、「超越」「独創」「敬意」「俺は仲良く」だ。昨年を超えるもので「超越」。人数が多い中一人一人が責任を持って取り組むという意味での「独創」。多くの人々に支えられてもらっているものと、チムメイトを尊敬する合うという意味での「敬意」。「I GOT FAMILY」には、それをひっくるめて家族であるという意味を込めたた。

昨秋、東京六大学野球リグ戦で優勝し、連覇が期待される中、今季主将に就任したのは、河合大樹選手(総4)である。大きな期待を背負う一方でそのプレッシャーは計り知らない。しかし、河合選手は「プレッシャーは実はあまり感じない」。昨年優勝したから今年も優勝したばればならないのは、自分自身の代々でどう勝つかを考えていると話す。

今季のチームについては「昨年は岩見雅紀選手(現・東北楽天)や清水翔太選手といった良い打者がいた。しかし今年は、それこそ打てる選手がいない。昨年以上にチム力が求められてくる」と分析する。「守備なら1つのアウトをもぎ取る、打撃なら無駄なアウトをするには必ずそうなことをどどだけ続けていけるかが重要となってくる」

主将としての自分の役割については、「自分には背中で引っ張られるのはもろもだが、コミュニケーションをとる中では信じられるだろう」を目指している。行動でも表示していないといけないが、どちらにでも言葉が響くかとにかく大事にしている」と真剣な眼差しを向ける。
河合選手が目指すチームの像は「全員が甘い部分をやり過ごすのではなく、指摘し合うようなチーム」。一人一人が責任を持って行動できる
チョムを目指すそれで今季、河合選手が注目選手として行かれたのは嶋田翔選手(環1)だ。岩見選手が抜けた中で右の中長距離打者として期待がかかります。

最後に、読者の方々にメッセージをくれた。「優勝を目指して一生懸命に頑張りますので、皆さんの応援の力で勝たせてもらえたらうれしいです」

(鈴木里実)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは