《学問の魅力を聞いてきた》医療(医学部・薬学部・看護医療学部) 山内慶太教授

学問の魅力を聞いてきた

画像=本人提供

医療に関わる学部は、大半の学生が医療資格を取って専門職に就くという点で、他学部と大きく異なります。資格という「枠」が存在する教育課程の中で、同じ資格を持つ人から教育を受けるという自己完結型の教育で従来は成り立っていました。しかし、高齢化に代表される社会の変化に合わせて、ヘルスサービスも大きく動いています。病院や資格という枠に囚われた医療教育には限界が生じているのです。

医療に携わるにあたって重要なのは、「社会との関わりの中で、医療サービスの新しい価値をどう創っていくか」です。そのためにはまず、他分野の人とも言語を共有できるようになることが必要です。医学・薬学・看護といった医療職の間だけでなく、社会科学系の人達とも共有できてこそ言いたいことを言い合い、新しい価値を生み出すことが可能になります。自分の専門でない分野の人と関わることは、「自分たちはいかに狭い世界にいるか」を知ることにも繋がります。自分たちにとっては当たり前のことが、医療の外側から見ればそうではないこともあります。それは自己完結の中にいてはわからないことです。

慶應の中で学ぶ良いところは、自分の学部を飛び出して学生生活を送れるということです。様々な学部に生涯にわたる友人がいれば、将来どんな分野の人とも質の高い議論ができるような言語、センスが培われます。それに、いい仲間を作ることで、その繋がりをまた別の人へと広めるチャンスも多くなるのです。

繋がりを作るためには、医療系の学部のサークルよりも、全学部の塾生が集まるようなクラブに参加したり、他学部の授業に触れる時間を大いに大切にしてほしいと思います。最初の1年でどれだけいい仲間を作れるかが、将来に繋がる宝物を持てるかということに直結します。学部や世代を超えた社中の繋がりを感じられるのが、慶應義塾の面白さのなのです。せっかく塾生になったのですから、その面白さを体感して下さい。

(聞き手=福井一玄、杉浦満ちる)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは