2017年度全塾協議会予算が決定 自治会費増額の緊急性なし

2‌0‌1‌7年度(会計期間2‌0‌1‌7年10月1日~2‌0‌1‌8年9月30日)の全塾協議会予算案が成立した。予算配分は例年と同様の形式を取っており大きな変化はなく、各所属団体への配分額が昨年との主な変更点となっている。

前年度と比べると、三田祭実行委員会が前夜祭・本祭における来場者の保険料に使用する費用の増額のため、交付額が15万円増やされた。また、秋祭実行委員会、應援指導部はそれぞれ10万円増額された。反対に、体育会本部は25万円、文化団体連盟は10万円減額された。

例年、予算を決定するにあたり懸念事項となっているのが、自治会費が増えないことだ。これに関して、全塾協議会事務局長の丹羽直也さん(理4)は、「自治会費の枠の中で削減できるものは削減している。現状は今の予算でなんとかやりきれているため緊急で増やす必要はない」という。自治会費不足が懸念されていることに関しては、「過去に予算を同時に請求した団体が増えて交付金が足りないという状況が起こったからではないか」と原因を分析している。

塾生代表の村野元紀さん(商4)は、「各団体には活動を行うのに十分な額を支給できていると思う」と述べ、これから重要になってくるのは各所属団体をしっかりと監査することだという。「今は財源不足よりも人的資源の不足のほうが問題。監査のため、もっと事務局員がほしい」と話す。

また、全塾協議会は各団体に毎年必要外の経費を削っていくよう呼びかけている。申請書を書く際は本当に必要な額だけを見積もって書くように求めている。


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは