【三田祭レポ】廃油でキャンドルを作ろう! 三田祭実行委員会

西校舎523B教室で三田祭実行委員会がエコキャンドル教室を運営しているのをご存知だろうか。

三田祭実行委員はごみの分別、割りばしリサイクル、リサイクル容器の使用に加えて三田祭での環境活動の一環として、中庭模擬店での使用済みオイルを回収し、別の大学の学園祭のステージの燃料にリサイクルしている。来場者に環境活動を知って、身近に感じてもらうために、オイルリサイクルの模擬体験型の教室としてこのエコキャンドル教室を運営しているそうだ。

今回この教室で使用するオイルも生協で出た廃油である。赤や青などカラフルに色づけされたオイルブロックを自分好みにカスタマイズし、瓶の中に敷き詰めて自分だけの可愛いインスタ映えするキャンドルを作ることができる。取材スタッフも簡単に、楽しく作成することができた。

外の賑やかな雰囲気に疲れてしまったら是非、落ち着いた雰囲気のエコキャンドル教室に足を運んでみてはいかがだろうか。この教室がオイルリサイクルを始めとする三田祭での環境活動のことを知るきっかけになり、来場者全員で協力して環境活動に努めることが大切である。
(大津こころ)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは