【三田祭レポ】輝きを増す慶應ダンスサークル JADE

三田祭初日、小さな教室にたくさんの人が集まっている。視線は教室前方の、色とりどりのライトに照らされたステージに向けられる。

JADEは20年以上の歴史あるダンスサークルだ。所属部員は100名以上で、「迫力のあるダンスが見られる」と塾内外で人気がある。ダンスのジャンルもヒップホップ、ブレイク、ロック、ジャズなど幅広い。

演目は大太鼓の力強いビートから始まり、ダンサーにライトが当てられると、燃え上がる炎がデザインされた法被が暗闇に浮かぶ。大人数だが一糸乱れぬダンスに客席から歓声が上がる。ダンサーと客席前列の距離はわずか50cmほどだ。

見どころの1つであるブレイクダンスはソロで踊られることも多い。アップテンポな曲に合わせながらも、重力を感じさせない。途切れることなくダンスは披露され、ダンサーの笑顔も輝きを増していく。

JADEのダンスは、今回の三田祭では11月24日(金)と11月26日(日)にも見ることができる。ぜひ足を運びダンスの魅力に触れてみてほしい。
(後河内清花)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは