慶應塾生新聞会 三田オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦2-8-14 第2AKビル4階B
TEL 03-3454-7966
FAX 03-6435-2573

【早慶戦特集】照屋・郡司・大西選手インタビュー

主将・内野手 4年 照屋 塁  -チーム力でつながる野球を-

―春季キャンプでどのような点を強化してきましたか。

チームとしてはまず個々の能力アップです。そしてチーム力を上げる目的をもって過ごしてきました。

―照屋選手個人としてはどのような点を強化しましたか。

バッティングに特に力を入れて強化してきました。

―リーグ戦序盤を終えて新チームの手ごたえはいかがですか。

ピッチャー陣も初登板の選手が多くいて、その中で東大戦ではしっかりと結果が出ているのでその点では良いと思っています。でも、やはりチームとしての課題や反省点は残っているので、このリーグを通してレベルアップしていきたいです。

―どのような点が課題ですか。

細かい部分なのですが、欲しい場面でバントをしっかり決めることであったり、取れるところでしっかり点を取ることです。

―今年の慶大はどんなチームを目指していますか。

今年はチーム力で戦うしかないと思っているので、メンバー全員の力を合わせて、つながる野球をしていきたいです。

―今年の早大で警戒する選手はいますか。

特にこの選手という選手はいないですが、左投手で良い投手が多いので左投手をどのように攻略するかということは特に重要になってくると思います。

―左投手を攻略するとなると右打者がポイントになると思うのですが。

そうですね。オープン戦を通じて、左投手とは多く対戦してきています。左打者がどれだけ粘って次の打者につないで、右打者がチャンスで決められるかというのがポイントになると思います。

―照屋主将の一押しの選手を教えてください。

一押しの選手と言ったら岩見(総4)です。でも注目してほしいと思うのはピッチャー陣全員です。去年のエース・加藤さん(現広島東洋カープ)が抜けてしまいました。今までリーグ戦で勝ち星を挙げたのがチーム全体で2人しかいないという状況の中で、今季はピッチャー陣全体としてどれだけ神宮で勝負できるかということをずっと課題としてきているのでそこに注目してほしいです。

―照屋選手の理想のキャプテン像は。

とにかくチームスローガンである「everything is practice」を一番に体現すること、また、それを結果につなげられることです。あとは選手間のコミュニケーションをしっかりととれるキャプテンが理想です。

―最後に塾生にメッセージをお願いします。

今年は絶対優勝します。応援よろしくお願いします。

>> 捕手 2年 郡司 裕也 -ピンチで頼れるピッチャーに-