五輪に向け走り出す塾生たち

リオオリンピックが近づいてきた。多くのベテランがしのぎを削る中、若者の活躍にも注目が集まっている。慶大にもオリンピック出場に向けて走り続けている塾生がいる。大学生活を送りながらも世界に目を向ける彼らは、何を思っているのか。今回はセーリングの土居愛実さん(環4)とアーチェリーの大井一輝さん(法3)の2人にスポットを当てた。

セーリング 土居愛実さん(環4)
アーチェリー 大井一輝さん(法3)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは