【就活特集2010】大日本印刷~重要なのは「聴く力」

―業務内容
 大日本印刷株式会社(DNP)の柱となる事業は1.情報コミュニケーション分野 2.生活産業分野 3.エレクトロニクス分野の
3つです。
 情報コミュニケーション分野とは、デジタル化したデータを、紙媒体を始めとする様々な媒体にコンテンツを展開する分野です。生活産業分野とは、食品のパッケージ、壁紙等の建材、インクリボンの産業資材に関して、企画・提案そして制作をする分野。エレクトロニクス分野は、テレビ・PCモニター用のディスプレイ製品やLSI回路の原版となるフォトマスク等の半導体製品の設計・製造を行う分野です。
 近年では印刷技術と情報技術を応用発展させて、再生医療やエネルギー関連の分野にも事業を拡大しています。

―業界の雰囲気や特徴
 かつての印刷業界は書籍や雑誌の印刷が中心だったので、男性の職場というイメージが強かったようです。しかし、事業の多岐化に伴い、近年では女性の活躍も目立っています。現に、DNPの女性社員の割合は約4割。例えば生活産業分野におけるパッケージデザインなどでは、女性にしかわからないような「生活に密着した」発想が求められているといえます。また、かつては社名が表に出ない、いわば黒子役だった印刷会社ですが、今では、例えばDNPが印刷を手掛けた商品であることが、お客様からの信頼を生むきっかけともなっています。

―社風
 チャレンジ精神旺盛な会社です。当社が文字や画像のデジタル化・ネットワーク化に取り組んだのは1970年代。業界に先駆
けたチャレンジでした。また、一人一人の社員が各々の力を存分に発揮できる社内環境を目指しており、社員が単なる〝大企業の歯車〟となってしまわないよう、社員同士が「互いの意見を聴くこと」、「互いを評価しあうこと」を制度上においても重んじています。

―求める人材
 4万社もの顧客企業がいるDNPにおいて、大切なのはチャレンジとコミュニケーションです。特にコミュニケーションにおける「聴く力」を持った人材を求めています。これは企業や消費者のニーズを把握するために必要とされる能力でもあり、社員間で上と下の両方から意見を取り入れるためにも必要とされる能力だからです。2006年から2009年までのここ4年間における新卒採用の人数は年々増加しています。とくに技術系の採用人数の増加が目立ちますね。

―就活生へのアドバイス
 就職活動が活発化していくなかでも、学生時代にしか出来ないことをきちんと大事にしてください。そこから自分が何をどれだけ経験し、学んだのかを見極めることで、自分の価値観を把握することにも繋がると思います。頑張ってください。

聞き手=谷田貝友貴


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは