【三田祭速報】スーツと機関銃? 本格的な射撃体験

バグパイプを抱える謎の男と仲間たち
バグパイプを抱える謎の男と仲間たち


院校舎5階を歩いていると、バグパイプを抱えた謎の男に出会った。

なぜ民族衣装を着ていたのかは未だにわからないが、彼はどうやらサバイバルゲーム・リエナクトメント同好会の会員らしい。目を引く服装につられて教室に入ると、中では射的が行われていた。


サバイバルゲーム・リエナクトメント同好会はその名の通り、サバイバルゲームを行う団体だ。迷彩服を着た会員の山隈さんによると、サバイバルゲームの魅力は日常的にできない体験をできることだと言う。実際の銃は恐ろしいものだが、サバイバルゲームに使われる銃は人を傷つけない。東京にはフィールドがなく、普段は埼玉や千葉で行っているそうだ。

スーツと機関銃!?
スーツと機関銃!?

なかなかチャレンジしにくいサバイバルゲームだが、ここでは気軽に銃を撃つ体験ができる。使用する銃は実際にサバイバルゲームに使うもので、一発ずつ撃つことも連射することも可能。300円40発からだ。

実際に銃を持つと、ずっしりとした重みを感じる。しかし、撃っているうちに重さは気にならなくなってきた。
カ・イ・カ・ン!


本格的な銃での射的で、日常生活の鬱憤を晴らしてみてはいかがだろうか。(新山桃花)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは