慶應塾生新聞会 三田オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦2-8-14 第2AKビル4階B
TEL 03-3454-7966
FAX 03-6435-2573

【人物列伝】テレビ東京アナウンサー 紺野あさ美さん

 【プロフィール】 1987年5月7日、北海道で生まれる。2011年株式会社テレビ東京入社。血液型はB型。現在の担当番組は「なないろ日和」、「L4YOUプラス」、「7スタライブ」など。趣味はスポーツ観戦、料理、散歩、おいしいお店巡り。特技はフットサル、空手、たくさん食べること。 好きな映画は「スレイヤーズ」、「うしろの正面だあれ」。好きな言葉は「後悔したくないから頑張る」、「たとえ、99%無理で1%しか可能性がなくても 諦めたら0%になるから諦めない」、「上を見て生きて 下を見て暮らす」

【プロフィール】
1987年5月7日、北海道で生まれる。2011年株式会社テレビ東京入社。血液型はB型。現在の担当番組は「なないろ日和」、「L4YOUプラス」、「7スタライブ」など。趣味はスポーツ観戦、料理、散歩、おいしいお店巡り。特技はフットサル、空手、たくさん食べること。
好きな映画は「スレイヤーズ」、「うしろの正面だあれ」。好きな言葉は「後悔したくないから頑張る」、「たとえ、99%無理で1%しか可能性がなくても 諦めたら0%になるから諦めない」、「上を見て生きて 下を見て暮らす」

元「モーニング娘。」第5期メンバー、慶應義塾大学環境情報学部卒業という経歴を持ち、現在はテレビ東京のアナウンサーとして活躍中。今回の塾員インタビューは、紺野あさ美さんだ。

彼女が14歳から活動してきた「モーニング娘。」の卒業後、叶えたかったのは幼い頃からの夢だった。 「モーニング娘。に憧れて芸能界に入ったのはいいけれど、卒業後に自分は何がしたいのかと考えたとき『アナウンサーになりたい』という幼い頃からの夢が浮かびました」

アナウンサーになる夢を追いかけるか否か約1年間悩み抜いた末、高卒認定の試験に合格し、大学進学を目指すことを決めた。アナウンサーへの就職率、大学の校風や設置学部を考慮した上で、数ある大学の中から慶大を第一志望校とした。

大学受験を決意した当初、周囲の反応は様々だった。所属事務所には、アナウンサーを目指すことは簡単なことではないと言われた。が、彼女の意志は誰に何を言われようと簡単に揺らぐものではなかった。次第に周りも応援してくれるようになったという。

受験生時代は、1日11時間勉強すると決めていた。「大学受験をすると決めて卒業した以上は、やるしかないと思っていました」

彼女は一生懸命に努力する姿勢を、尊敬する女子マラソンの元五輪選手の有森裕子さんから教わったそうだ。「『自分で自分を褒めたい』という有森さんの言葉があります。有森さんから、スポ根みたいなものを学びましたね」

そうした努力を積み重ね、見事慶應義塾大学環境情報学部の合格を果たした。家族や友人など、いつも味方でいてくれる人の安心感が支えとなってくれていたおかげで、試験のときもどっしりと構えることができた。

彼女のアナウンサーとしての強みは、番組のゲストとして出演するタレントの気持ちも理解出来ることだ。「モーニング娘。」として経験したことが生かされている。

「タレントさんは、一人一人自分の見せ方を考えています。インタビュアーとしては色々な質問をして多くの答えを聞きたいとも思うのですが、タレントさんには聞かれると困る質問があります。そのことを意識して、タレントさんに合わせた質問を考えるようにしています」

最近では自身のダンス経験を生かした番組にも挑戦した。「入社した当初は、真面目に、バラエティ色を出さないように、と気を遣っていました。ですがだんだんアイドル時代の経験も自分の個性だと思えるようになりました。誰かが私の一生懸命仕事をする姿を見て楽しんでもらえたら、こんなに幸せなことはないですからね」。そんな彼女が目指すのは、「読んで踊れる」アナウンサーだ。

最後に、塾生へメッセージを頂いた。「学びたいこと、なりたい人物像など自分の軸は一本持っておきつつ、学生の間にしか出来ない経験をしてほしいです。遊びや旅行、学園祭に力を入れるのも良いと思います。一生ものの仲間を作って、大学生活を謳歌してください」
(玉田萌)