【六大学野球】陸の王者 復活へ激闘

今季ベストナインに選出された竹内惇
今季ベストナインに選出された竹内惇

攻守が光り勝ち点重ねる

法大第1戦 先月10日 ○3―2 意地見せ 劇的サヨナラ

開幕から無敗の慶大は法大と対戦。終盤に勝ち越しを許すも、最終回に慶大が意地を見せ、3―2で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

慶大の先発はここまで2勝の加嶋(商3)。テンポ良く、常に有利なカウントに持ち込み法大打線を5回まで無失点に抑える。

すると打線は4回、1死から横尾(総3)があわや本塁打という当たりの三塁打で出塁すると、続く藤本知(環4)がきっちり適時打を放ち、慶大が先制する。

5回までゼロに抑えてきた加嶋だが6回、2死三塁から適時内野安打で同点に追いつかれると、7回には1死一塁三塁のピンチを招き、三宮(商3)にマウンドを譲る。しかし三宮も法大6番伊藤諒に適時打を浴び、ついに勝ち越しを許す。

最終回、最低でも同点に追いつきたい慶大は先頭の佐藤旭(商4)が右前安打で出塁すると、続く山本泰(環3)も安打で続き、無死一塁二塁のチャンスを演出する。ここで谷田(商3)も安打を放ち、同点かと思われたが好返球に阻まれ本塁タッチアウト。球場の誰もが法大の勝利を確信したが、続く横尾が適時二塁打を放ち、慶大が土壇場で同点とする。なおも2死二塁三塁とすると打席には竹内惇(商4)。打球は二遊間への平凡なゴロとなったが、これを法大二塁手の皆川がまさかの落球。この間に谷田が生還し、慶大が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

法大第2戦 先月11日 ○5―0 加藤拓快投 15K完封

前日にサヨナラ勝ちを果たし、勢いに乗る慶大。法大との2戦目は加藤拓(政2)の快投もあり、5―0で勝利。勝ち点を3とした。

前日の試合ではホームが遠かった慶大打線だが、この日は2回に小笠原(環3)の適時打であっさりと先制。4回には藤本知(環4)の2点本塁打と加藤拓の適時二塁打で3点を加え、序盤から慶大ペースで試合を進めた。

この日の主役は先発の加藤拓。150キロに届く力強い速球を主体とした投球で法大打線に付け入る隙を与えない。3回に1死三塁とこの試合唯一のピンチを迎えたが、落ち着いて後続を断ち、得点を許さない。

加藤拓は3回のピンチ以降は一度も三塁すら踏ませないピッチング。特に5回から7回にかけて6者連続三振を奪うなど、圧巻という言葉が似合う投球内容だった。最後まで球威が落ちなかった加藤拓は終わってみれば毎回の15奪三振、自身初完投を初完封で飾った。これで慶大は引き分けを挟んで無傷の6連勝となった。

立大第1戦 先月17日 ●2―3 流れ掴めず 初の黒星

ここまで負けなしで迎えた立大1回戦。優勝に向け、先勝しておきたかったが、立大先発澤田圭を相手に打線が苦しみ、2―3で今季初黒星となった。

慶大の先発は加嶋(商3)。初回、いきなり1死満塁の場面を迎えると我如古に犠飛を許し、立大に先制点を与えてしまう。

すぐさま反撃に出たい慶大打線は2回裏、藤本知(環4)が左中間への安打で出塁すると、続く竹内惇(商4)の適時二塁打で同点に追いつく。

しかし3回裏、加嶋は再び走者を背負うと大城に適時三塁打、また岡部の犠飛で2点を失った。

再度追う展開となった慶大は4回表に谷田(商3)の本塁打で1点を返すも、後が続かず流れを引き寄せられない。4回からは瀧本(商4)、6回には三宮(商3)を投入し、立大打線を無得点に抑えるも、打線は最後までホームが遠かった。慶大は2―3で立大との初戦を落とし、今季8戦目にして初の黒星となった。

立大第2戦 先月18日 ○6―4 横尾4打点 中軸光る

第1戦を落とし、勝ち点奪取へ何としてでも勝たなければならない立大との第2戦。慶大は6―4で勝利し決着は第3戦に持ち越しとなった。

慶大の先発は前回登板で15奪三振完封勝利を挙げた加藤拓(政2)。しかしこの日は3回に佐藤拓に適時打を浴び、前日同様またも追う展開となった。

試合の流れが変わったのは4回裏。走者を1人置いて横尾(総3)が逆方向へ今季1号の2点本塁打を放ち慶大が逆転に成功する。さらに5回には、谷田(商3)、横尾の連続適時打で4点を加え、前日と打って変わって立大相手に大きくリードする。

最終回、前の回から登板の三宮(商3)が突如乱れ、立大に5安打3失点もなんとか踏ん張り、慶大が逃げきった。

試合後、逆転の2点本塁打を含む4打点の活躍を見せた横尾は「前日の試合からうまく立て直せた」と語った。

立大第3戦 先月19日 ●0―1 快音響かず 勝ち点落とす

1勝1敗で迎えた立大との第3戦。両者一歩も譲らぬ試合展開となったが、終盤に失点を許した慶大が0―1で敗れ、今季初めて勝ち点を落とした。

立大の先発は第1戦同様、澤田圭。前回の雪辱を果たすべく慶大は4回表に好機を演出する。谷田(商3)と横尾(総3)の連続安打、さらに竹内惇(商4)の四球で一死満塁の場面を作る。しかしここは澤田圭の前に後続を断たれ、得点に繋げることはできない。両チーム決定打を欠いたまま、試合は後半戦にもつれ込む。

6回裏、慶大は1死二塁三塁のピンチを迎えると、立大6番酒井田に犠飛を許し、ついに先制点を与えてしまう。

9回表、竹内惇と須藤(環2)の連続安打で2死ながら一塁三塁のチャンスをつくるも、山本泰(環3)が倒れ、試合終了。0―1で敗れた慶大は立大相手に勝ち点を取ることはできなかった。

試合終了後、佐藤旭主将(商4)は「こういう時もある、気持ちを切り替えて次に繋げたい」と意気込んだ。


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは