学校帰りに食べる、おいしいスイーツ1~三田編〜グーテ・ド・ママン〜

 三田キャンパス正門から右へ曲がって、慶應女子高の方へ向かって歩くと、こぢんまりとしたたたずまいのスイーツ店がある。「グーテ・ド・ママン」。20年以上続くこのお店は、素材の味を生かして、香料や酒を使わない、素朴ながらも深みのあるお菓子を提供している。

 このお店のオススメのケーキを紹介しよう。まず、この季節にぴったりなのは、「かぼちゃのタルト」。かぼちゃの甘味が最大限に引き出されていて、ただ甘いだけでなくキャラメルソースと生クリームで甘くもほろ苦さを残す、つり合いの取れた味に仕上がっている。ハロウィーンのお菓子にいかがだろうか。

 次にオススメなのが、「トライフルロール」である。ロールの中に生クリームとイチゴやキウイ、洋梨などのフルーツを盛り込んだ人気のロールケーキである。味はもちろん、ロールの柔らかさとスライスされたアーモンドとの食感のバランスがちょうどいい。

 「グーテ・ド・ママン」のスイーツを食した本紙記者たちの中で人気があったのが、「季節のフルーツタルト」。この季節には、ブドウ・イチゴ・キウイ・メロンなどをふんだんに使っていて、みずみずしい一品になっている。

 また、このお店ではケーキ店としては珍しい犬用のお菓子も作っている。有機野菜を利用して、砂糖や塩を使わない味を抑えたお菓子は、飼い犬のお菓子やプレゼントに買われている。「ノンシュガーバナナケーキ」は、バナナとはちみつで甘みをつけていて、愛犬のバースデーケーキにはぴったりだそうだ。また、ローカロリーなのでダイエット中の方にもオススメである。

 お店の中でケーキを食べることもできる。席数こそ少ないが、紅茶かコーヒーがついてくるケーキセットとともに、本を読みながらゆっくりくつろぐには最適だろう。

 取材中、次々と常連と思われる客が訪れて、ケーキを購入していた。その様子から、人々から愛されているお店なのだと実感した。

慶大正門から右に曲がり、日産プリンス側を歩き、交番がある角を右に曲がる。
【住所】東京都港区三田2-17-29
【営業時間】11:00〜19:00 (定休日:日曜日)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは