【就職活動特集・下】富士急行株式会社

今年度も12月1日から経団連所属の企業による情報公開が解禁され、2015年度卒の就職活動が本格化した。「短期決戦」の見込みとなる就職活動において、これから各業界や企業などの情報をどれだけ多く手に入れられるかは大きな鍵となる。

1月号では各業界の人事担当者のお話を掲載するとともに、就活生に役立つ言葉が満載である『現代用語の基礎知識』の編集長にもお話を伺ってきた。(就職活動取材班)

***

各事業の連携で企業価値を向上

―業務内容
当社の事業は、主に「運輸事業」、「レジャー・サービス事業」、「不動産事業」で構成されています。

「運輸事業」は、富士急線をはじめとする鉄道事業、路線バスや高速バス、貸切バスからなるバス事業などから構成されています。また、「レジャー・サービス事業」は、富士急ハイランドをはじめとする遊園地事業のほか、ホテルやゴルフ場、アウトドア施設などがあり、年間を通じてあらゆる客層にサービスを提供しています。「不動産事業」は、別荘販売を中心に、仲介事業や賃貸事業を展開しています。これら三本の柱を軸として、富士山周辺のエリアを中心に事業展開しています。また近年では、港区や渋谷区でのコミュニティバスや相模湖の「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」など、首都圏エリアでの機能強化も推進しています。

―企業の特徴
当社は、経営理念『いつも喜び・感動』のもと、各事業が連携し事業を展開しています。各事業が密接に絡み合うことで、シナジー効果を高め、富士急グループの『企業価値の向上』を目指しています。歴史のある会社でありながら、常に新しい商品を生み出すほかに、サービスを生み出す姿勢、鉄道と遊園地のような一見相反する事業の両立や連携なども当社の特徴のひとつです。

―社風
当社では、約40に及ぶ富士急グループの事業に必要なスキルを身につけるため、3年から5年を目途にさまざまな職場を経験するジョブローテーションがあります。自身のキャリアビジョンに合わせ異動先を希望できますし、希望が通らなくても思わぬ場所で才能が開花することもあります。多岐にわたる仕事を経験でき、若いうちから大きなプロジェクトに携わる機会も多く、とにかくチャンスを与えてくれる会社です。

他部門の社員でも仕事でタッグを組むことが多いことから、社員同士の人間関係は深いと思います。仕事の垣根を越えて、私生活で遊ぶことも多く、社員同士のコミュニケーションの高さが、良い仕事をする上でのキーポイントになります。

―求める人材
当社では、「ホスピタリティ」「オリジナリティ」「イノベーション」「実直・責任感」「バイタリティ」「コミュニケーション」の6つの要素を挙げています。幅広い業務に携わるので、これらの要素を総合的に兼ね備えた人材を求めています。

―採用について
まず、1月末から開催される会社説明会への参加が必要となります。その際、履歴書と事前課題(作文)を持参して頂き、書類選考後4回の面接を行います。採用人数は20名程度を予定しています。

―就活生へのアドバイス
自分が今まで何をやってきたのか、それをどう今につなげ、将来につながっていくのか。過去・現在・未来とつながる自分の軸を考えることが重要です。その上で、やりたい仕事ができるか、自分の経験がどのように生かせるかを考え、伝えられるようしっかり自己分析をしておきましょう。

聞き手=萩原愛美


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは