Short Shorts Film Festival 2005~アワードセレモニー

 6月29日から7月4日日にかけて「Short Shorts Film Festival 2005」が開催された。今年も世界各国から優れた作品が集い、訪れた観客達を魅了した。7月3日、明治神宮会館においてアワードセレモニーが行われ、各部門の授賞作品が紹介された。


 本年度の審査員(左からメキシコ映画協会促進課・国際映画祭コーディネーターのホルヘ・マガニャ・モリナ氏、タレントのマルシアさん、東大大学院教授 浜野保樹氏、映像作家 中野裕之氏、ファッションデザイナー コシノジュンコさん)

 各部門の授賞作品は以下の通り

 【インターナショナル部門】
 審査員特別賞
『最後の農場』The Last Farm (ルナー・ルナッソン アイスランド)
 優秀賞
『異常なし』RIEN DE GRAVE(NOTHING SERIOUS) (レナウド・フィリップス フランス)

 【アジア・インターナショナル部門】
 審査員特別賞 
『ウェディングドレス』Silent Companion(エルハム・ホッセインザデ イラン)
『ミラクルマイル』Miracle Mile(ドン・ヒュクファン 韓国) 
 優秀賞
『アマル』Amal(Richie Mehta リッチー・メータ インド)

 【ナショナル部門】
 審査員特別賞
『コラゾン・エン・フエ〜ゴ/燃えよハート』Heart on Fire (村上依子)
『カラー・オブ・パッション』Color Of Passion (中野美穂子)
 ナショナル部門 優秀賞/スーパードライアワード/都知事賞
『シロタク』SHIROTAKU(園田俊郎)

 本年度最優秀賞
『異常なし』RIEN DE GRAVE(NOTHING SERIOUS) (レナウド・フィリップス フランス)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは