【春の早慶戦特集】谷田×横尾 対談 2人の若き主砲、本音語る

互いに実力を認めあう谷田(左)と横尾(右)

野球の打線の軸はクリーンナップと言っても過言ではない。慶大野球部においてその3番、4番を打つのが、谷田成吾選手(商2)と横尾俊建選手(総2)だ。今回は慶大打線の要である二人にお話を伺った。

まず慶大野球部の印象について、谷田選手は「授業と練習の兼ね合いの中で、自主練がとても重要」と語った。時間をうまく使って練習する選手が多くいるという。その上で横尾選手は、「自主性が重んじられている感じ。個々の判断に任されているので、成長できる」と語った
新チームが始動してまだ日は浅いが、「チーム力でやっていく」と横尾選手は今後の試合に一丸となって臨むつもりだ。自分に出来ることを確実にこなして、チーム全体で勝利を目指していくという。

個人の課題も多い。そのなかでも前向きに頑張れるのは、去年の経験があったからだ。どうしたら打てるのかと悩み、フォームを変えたり監督にアドバイスをもらいにいったりと試行錯誤した。横尾選手は尊敬する人物に江藤監督をあげ、今でもバッティングのことなどを聞きにいっているとのこと。これらの苦労と反省を活かして、毎日練習に励んでいるのだ。

将来有望な2人の今後の活躍に期待だ

そんな二人に自身の強みについて伺うと、お互いの長所を教えてくれた。谷田選手は「彼(横尾選手)は長打力ですね。リトルリーグの時から飛ばしてました」と笑った。高校は違う二人だが、リトルリーグのライバルチーム同士で、二人はたまに顔を合わせていたという。横尾選手は「彼は選球眼がいい。その上でのバッティングから、僕がいいイメージをつけることが多い」と谷田選手の強みについて語る。さらに「彼(谷田選手)がヒットを打った時は、ナイスバッティングと言いながら俺も打たなければ」と感じているという。二人はお互いを認め合い、そして刺激し合いながら成長できる良い環境を手に入れた。

今後の目標として、「いい意味で引っ掻き回して、意地を見せつけてやりたい」と谷田選手。調子に関係なくチャンスで打てるような、常に活躍できる選手になりたいとのこと。特に早大は強いので、今まで以上に練習して勝ちたいと思っているそうだ。「他大の2年生には負けたくない」と横尾選手は強い口調で言った。「まずはチームに貢献して勝つこと。そして勝っても油断せず試合に臨みたい」と語る姿は、頼もしく感じられた。進化し続ける慶大野球部。今後も二人の活躍に注目したい。 (武智絢子)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは