大学から世界へ 慶應チャレンジャー

学生主体で運営 レベル体感

シングルスで優勝したビオラ(右)と同準優勝のバシッチ

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2012が先月10―18日、日吉キャンパス蝮谷テニスコートで開催された。同トーナメントは男子プロテニス協会公認ツアー公式戦の下に位置する。世界ランキングに反映されるトーナメントポイントを狙って、ATPランキング100位以内の選手も参加。シングルス32人、ダブルス16組が本選に出場した。

日本で3試合開催されているチャレンジャー・シリーズの中で、大学主催はこの大会だけ。慶應義塾としては2009年以来3年ぶり4度目の開催となった。出場選手の宿泊先の手配、ビザ給付サポートなど、運営を学生主体で行った。

「学生が直接、世界のテニスを体感し、『大学から世界へ』という新しい流れを生むきっかけになれば」と坂井利彰庭球部監督。

シングルス決勝はビオラ対バシッチのカードになり、一進一退の第1セットを7―6で獲得したビオラが第2セットも6―4で押し切り、優勝した。

 

 

 


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは