就職活動特集:アサヒビール株式会社

会社のリアルな姿知って

―業務内容
アサヒビールは、国内酒類事業に特化している会社です。利益の大部分はビールですが、総合酒類メーカーとして日本酒以外のあらゆるアルコール製品を取り扱っています。グループとしては、飲料・食品と事業を展開しており、業績は伸びてきています。
また、海外事業としてオーストラリアや中国、東南アジアへの展開を活発に行い、力を入れています。今の段階では、国内酒類事業でしっかり利益を出しながら、飲料・食品・海外事業の成長をさらに拡大していくことが、グループ全体の展望です。

―会社の特徴
ビール業界は5つのメーカーがありますが、ビールのトップシェアを誇るのが当社のスーパードライで、ビール全体で約半分のシェアを持っています。何においてもトップの商品は、お客さまにまず手にとって頂ける商品になりますので、そうしたお客さまから一番の信頼を得ているブランドを持っていることが、私たちの一番の強みです。

―社風
我々は非常に明るくて仲が良く、チームワークの強い会社であると言われます。売上に対する社員数は少ないのですが、お互いがフォローし合いながら、チームワーク良く仕事をして高い利益を出しています。
離職率は低く、働き続けられる環境づくりに力を入れています。

―採用について
12月1日からプレエントリーを開始します。4職種あり、各職種の応募期間は、研究系・生産系は1月上旬から1月末まで、機電系は1月半ばから2月半ばまで、事務系は1月半ばから2月末までです。4月より面接を始め、4月半ばには内々定となります。

―求める人材
明るく元気で素直で、挑戦意欲があり、夢の実現を諦めない人です。それだけでなく、特に重要なのはチームワークをしっかり行えることです。
選考では、これらの素質や姿勢を重視し、社風とフィットするかどうかなどを確認していきます。

―就活生へのアドバイス
選考では、ありのままの姿を包み隠さずアピールして欲しいです。自分を隠し、価値観や思いを会社に合わせてしまうと入社後に辛いです。ありのままの自分を知るためにも、しっかり自己分析をしたり、他人に話を聞いたりして自分の価値観について考えてみると良いと思います。
また、実際に働いている社員と会って欲しいです。私たちはできるだけ学生に会社のことを知って好きになって欲しいと思っていますし、社員に会うことでリアルな会社の姿がわかってくると思います。

聞き手= 友田琢也


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは